Mac よもやま話 周辺機器 商品レビュー 製品色々

【M1搭載MacBook Air】購入したアクセサリーや使用感まとめ

皆さんこんにちは、サンバツです。あけまして、おめでとうございます!

2021年も細々と続けていきますので・・本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

前回の投稿日は12月14日。約2週間が経過しています。早い(呆然)

リアルに仕事が多忙であったり・・子育てに追われたり・・絶えず睡魔に襲われたり・・

それどころか、いつの間にか年末年始となっていて・・年々、月日の経つ早さに驚かされています。

先日ツイートした通り、 M1搭載MacBook Airは既に到着済みです。

中々時間が捻出できなかった現実はありますが・・WindowsからMacへの移行作業にかなり翻弄されました

iTunesのライブラリをデータベース共々移行できないかと試行錯誤したものの、結果は惨敗。楽曲のみMacへ移行し、10年以上ログを取り続けたライブラリに別れを告げました・・

そんな2週間を振り返ってみようと思います。完全に備忘録+よもやま話ですね。

今回は購入したアクセサリーと2週間の使用感に焦点を当て、書き連ねていきます。

M1搭載MacBook Air到着!

お馴染みの梱包箱

開封。やはりスペースグレイは最高にかっこいい・・(端子部分2つだけってなんだよ

これまでの私ですが、それ程PCに依存したライフスタイルを送っていませんでした。

音楽や写真管理程度で、ネット関連の使用デバイスもほぼスマートフォン・タブレットで完結してしまっていたのです。

今回のMacbook Airですが、Apple公式でカスタマイズ(RAM16GB・SSDストレージ1TB)してオーダー。

パソコンは短いスパンで買い替える気は無いので、このスペックなら長く使えるだろう!という考えです。

M1搭載Macは従来機種の性能を大幅に凌駕してる・・!と言った記事を沢山目にしていたので、思い切りました・・(財布の啜り泣く音)

容量に関しては、本体ストレージで音楽管理を完結させたかったので、1TBを選択しましたが・・高い。ですが、結果的に満足しています。思惑通りに一元管理出来て、非常にストレスフリー。

MacBook Airの第一印象は「軽い・薄い・スタイリッシュ(良くも悪くも)」って所でしょうか。

デザイン性を優先し利便性を捨てる所が、Appleを盲信出来ない絶対的な理由でもありますが・・このスペースグレイモデル、素敵です。

筐体の美しさ故、裸で使うのは中々勇気がいるなと・・可能な限り保護できる部分はカバーしよう!と、アクセサリーを数点購入しました。

購入したアクセサリーはこちら

①P-FENS製保護フィルム

先ずは保護フィルムです。Amazonで購入。購入時の価格は999円です。商品リンクはこちら↓

半額くらいのフィルムもありましたが、レビュー欄を斜め読みした結果・・数百円くらいケチるなと言った声がありましたので、こちらで。

ディスプレイ・キーボードカバー・トラックパッドと三種類のフィルムが同梱されています。

トラックパッドのみ使用。右端中央辺りに気泡が入ってしまいましたが、気にしない・・

②TwoL Macbook Air シェルカバー+液晶保護フィルム+キーボードカバー

こちらもAmazonで購入。1,869円。カラーはクリアを選択しています。商品リンクはこちら↓

実は先日、AliExpress購入記でチラッと記載したのですが、同タイプの商品を1,000円程度で購入していました。

ですが・・待てど暮らせど届かない。痺れを切らし、こちらの商品を購入しました。その後、1週間程遅れてAliExpressからも届く始末・・(注文から1ヶ月で到着)

商品名の通り、シェルカバー+フィルム+キーボードカバーの3点セット。キーボードカバーはこちらを使用しています。

Amazonの商品ページでは、「2018 Air 13 Retina (A1932)」を選択すると M1ユーザーは正解との事です。商品ページでは分かりませんが、商品にはこの様に型番が記載されたシールが。 結局M1の型番では無い・・

キーボードカバーを使用した図。個人的には、透明カバーより好みです。キーボードのライトは無意味になりますが、真っ暗闇で使わないので取り敢えずOK・・

こちらはAliExpressからの到着品。Matte Greyを選択。セーラーに問い合わせたものの、日本語キーボードは取扱対象外なのでUSになってます。

Matte Greyシェルカバーを装着した図。肌触り良く、スペースグレイの筐体にマッチしていてクールです。

ただ、TwoLのシェルカバーには少々難点がある様で・・

Amazon商品ページのレビュー欄でも言及している方がいますが、「艶消しタイプは謎の傷がつきやすい」との事。既に引っ掻き傷の様な跡が数カ所にあるので、数ヶ月先を考えると・・

それとキーボードカバー。 M1対応と謳っていますが、表記ミス&サイズミスがあります。

写真と共に確認していきましょう。

十字キーの左右のボタン、サイズ感が違います。

F4〜F6キーの表記が異なっています。サンバツはMac初心者ですから、見事に騙されました。

まあ何れにしても、本来のキー配列を把握していれば問題ないレベルだとは思うのですが・・ M1表記を謳うのであれば、しっかりと対応して欲しい所でした。

③持ち運びケース DAISOで300円

この辺のケースまで高いの買うのは流石に・・となった私。ふと立ち寄ったDAISOで良いものを見つけました。13インチ対応との記載があり、ケースを装着した状態でもピッタリです。最高。

購入したアクセサリー類は以上となります。

USBハブも・・と調べはしましたが、iPad Pro用のが流用できている為問題なしです。

約2週間の使用感としては・・

当ブログの開設理由にもなったiPad ProのMagic Keyboard。暫くは「これ、最早パソコンいらないんじゃ」と本気で考えていました。

完全に間違いでした。ここまでMacbook Airの使い勝手が良いとは…

特筆すべきはその携帯性、そして既に利用しているApple製品との親和性の高さ(当たり前ですが、実際に使用して肌で感じています)

そしてバッテリーの持続時間。夜間3〜4時間程利用する程度ですが、大晦日に充電して1月3日現在・・約半分残っています

勿論、この辺は使用用途による違いはありますが、私の使い方ではこの減り具合。ノートパソコンの概念が覆されました。

とにかく購入してよかった、と心から感じています。素晴らしい・・

サンバツのデスク周り

iPad Proが完璧なサブディスプレイに生まれ変わるのも、感動しました。実はASUS製のモニターも購入していたのですが、サブディスプレイとしては不要となりました。

ブログを更新するにも、参考記事や写真をサブディスプレイに表示しながら執筆できるので・・驚く程に生産性が向上しました。いや本当に素晴らしい。

悩み抜いた末にWindowsからMacに移行しましたが・・現状は大満足です。ジェスチャやらしっかりと把握して、もっと便利に使いこなしていきたいですね。

Macbookに関しては散々述べている通り・・使い始めたばかりで圧倒的な知識不足です。

掘り下げることは現段階では難しいのですが・・!何か触れる事の出来そうな話題があれば、今後もブログで取り上げていこうと考えています。

それでは!

-Mac, よもやま話, 周辺機器, 商品レビュー, 製品色々
-, ,

© 2021 サンバツブログ Powered by AFFINGER5