iPhone 商品レビュー

【iPhone 12 mini】やっぱり裸で使いたい方へ。SwitchEasy製0.35mm薄型ケースレビュー!

こんにちは、サンバツです。

iPhone 12 mini発売から、もう少しで1週間が経過しようとしています。

明後日には1週間使用後のレビューを上げたいと思いますが、とても使い易いです!

今回レビューするSwitchEasy製ケースですが、iPhone 12 miniのサイズ感・軽さ・デザインを損なわない、裸派にはピッタリなケースです。

その反面、耐衝撃性能はほぼ皆無。耐久性にも期待できません。「とにかく本体を守りたい落とすの怖い!」って方には不向きな商品です。

今回紹介する商品はこちら!

商品パッケージはこちら。安心と信頼のSwitchEasy製。

SwitchEasyは、2005年からスマホケース等のアクセサリーを展開しているメーカーです。

先日レビューした謎の中華メーカー(下記参照)とは違い、クオリティには先ず安心が持てますね。

良い!ポイント

  • 0.35mmの超薄型
  • わずか6gの軽さ
  • 全面保護(カメラ部分もギリギリまでカバー)
  • 防指紋素材により、背面ガラスの指紋を気にせず使用できる。

ダメ!ポイント

  • 超薄型故に、保護性能には期待できない。
  • 耐久性はほとんどない。
  • そもそも本体をガッチリ守りたい方には不向き

そうなんです。しっかり保護したい!!方にはお門違いな商品です。他の商品を選択しましょう。

なるべくなら裸で、そのままiPhoneを使いたい!!でも指紋や細かな傷で汚れるのは嫌」そんな私のようなユーザーに向けた商品です。ハードな環境で使用する機会が無いのなら、満足のいく仕上がりかと思います。

早速、開封!

フィルム等は同梱せず、ケース本体のみです。紙製で本体のサイズ感がわかる見本?が入っています。

素材はポリプロピレン。結構硬めです。何度も出し入れしていると、ケース端が変形しそう・・

音量ボタンにマナーモード切り替えスイッチ部分。これ結構押し易いです。ケースカラーによっては、ボタン色が変わります。

電源ボタンも同じ作り。

iPhone 12 mini本体へ装着!

ピッタリです。端部分に関しては、本体から0.55mm程浮き出ています。その為、操作の際指に引っかかるポケットへの出し入れでゴミが溜まるのはマイナスポイント。

0.55mmの端部分、ガラスフィルムを使用する事でツライチに出来そうです。

カメラ部分。端は1.45mm程盛り上がっています。その為、レンズ部分のみ飛び出る事もありません。ここにもゴミが溜まりそう(溜まった)

ケース重量は6g。重さは感じません。軽い・・!

うっすら見えるが素敵です。ケースを装着しても139g。iPhone SE2よりもまだ軽いです。素晴らしい。

約1週間使用した感想としては・・

先述の通り、iPhone 12 miniのサイズ感・軽さ・デザインを損なわない、素晴らしい仕上がりです。裸派にはピッタリなケースと断言して良いと思っています。

一つ気になるところは・・防指紋加工が災いしてか、手から滑りそうになることが多いです。グリップ力は間違いなく低下します。その点は注意してください(一度顔面に落としたサンバツ)

0.38mmとかなりの薄型ですから、何度も付け外しする事で割と早く劣化しそうな点も注意です。

ですが満足感はかなり大きく、背面ガラスの指紋を気にする必要も無くなりました。質感は、iPhone 12 Pro グラファイトの背面を触ったあの感覚に割と似ていますよ。

暫くはこのケースと共に、 12miniを運用していこうと考えています。

余談:ガラスフィルムに関しては悩み中・・

12シリーズの発表会でも説明がありましたが、ディスプレイ(Ceramic Shield)の強度は従来モデルより向上。耐落下性能は4倍になっています。

ですがこれ、傷のつきやすさは変わらないんですよね・・

安価なガラスフィルムをとりあえず試してみようと思いますが、そうなるとロック解除周りの不具合に悩まされます。(詳細:INTERNET Watch)

ケースとガラスフィルムを併用している場合に再現性の高い不具合が出て、問題はアースにあるのではとの見解も示されています。ハード面での問題だと、ソフトウェアアップデートでは改善できませんし・・Appleが今後どのようなアナウンスをするのか注目ですね。リコールになるんでしょうかね。

サンバツブログでも、ガラスフィルムが届いたら不具合を確認してみようと思っています。

-iPhone, 商品レビュー
-, ,

© 2021 サンバツブログ Powered by AFFINGER5